FC2ブログ

5月22日~23日 経営指南道場 ?

2007年06月04日



5月22~23の両日、株式会社ALL WIN SUPPORT 
http://www.aws.ne.jp/company.html
主催の一泊二日の「経営指南道場」が開催されました。

場所は明治の森・箕面国定公園にある音羽山荘です。
http://wedding.gnavi.co.jp/site/1/k904600
音羽山荘は大正時代に建てられた由緒ある邸宅をリノベーションした宿泊施設で、

箕面の美しい自然に囲まれています。施設、食事とも本当に素晴らしく、

研修会場として最高の環境でした。

講師はアーバンベネフィット株式会社 取締役会長 木村勝男氏です。
http://www.urbanbenefit.jp/
木村会長は15歳の時お父様を亡くされ、

家計を支える為に廃品回収業・飯場土方・運転手などを行い19歳で起業。

阪神土木興行(後に阪神ガス工事)を創業。31歳にして定時制高校卒業。

その後、阪神観光、関西ホーム・・・など数多くの事業をされ成功を収めました。

しかし50歳の時にバブル崩壊により、200億円の負債を抱え、

自己破産を思いつめるが、ある人との出会いから奮起され、

増収増益の会社に見事甦らせる。

65歳で大阪府立大学大学院経済学研究科入学

現在、起業家大学大学院設立の目標に向けひた走っておられます。


講義は、「金の章」・「人の章」・「商の章」と、

3部構成でそれぞれテーマ毎に約1時間づつ行われました。

「金の章」では、企業の究極の目的は利益を上げること、上げ続けること。

その為には、B/S経営が大事だと。

B/S経営は経営者の意志によって創られるもので「結果」ではない。

「人の章」では、社員すべてが経営に参加する事の重要さ、

経営社員・経営幹部のお話があり、また、自ら逆境を作り出し、

大きな目標を持ち、変化に打ち勝つ為には、「学習する集団」にならなければいけない。

「人材育成の第一歩は自分育成」

教育とは「教え」「育つ」と書くが、「共に育つ」「強く育つ」もまた教育だと。

「商の章」では、固定観念に捉われない「儲かるカタチ」作りが経営であり、

最大の利益を作り出せる。目標・ビジョンがはっきりすると数値目標を入れ、

戦略・戦術を考え計画する。その後、儲かるカタチに変えていく事が大事。

夢+日付=目標・ビジョン
夢+数字=計画
夢+カタチ=経営

本当に多くに「気づき」多くを「学んだ」一日でした。


夜遅くまで学習は続きました。

深夜、足湯・岩盤浴をしながら、今後のビジョンについてじっくり考えてみました。

・・・つづく

まだんのホームページはこちらです


スポンサーサイト



Comment

管理者のみに表示